« いかがお過ごしですか | トップページ | 声を上げよう!その2 »

今、思うこと

(3月29日に書きました。少し訂正している箇所がありますが、本当に伝えたいことが伝わるように、と思ってです。)

***************************************************************

前回アップした時から9日が経ちましたが、原発の状況が好転したとは言い難く、

私はなかなか、またブログを書く気になれませんでした。

みんな大丈夫、がんばろうって今の私には言えません。

暗いことは言っちゃダメ!前向きに!全然大丈夫!

なんて・・・無理するのはやめましょう。

放射能は怖いし、いつ原発の問題が収束するかもわからない。

教室の再開のめどはまったく立ちません。

天災は誰も責められませんが、原発は人災。

なぜ福島が、こんなことにならなければいけないのか。

いつまで我慢しなければいけないのか。

東電常務の会見で記者が言ったように、『福島に希望はあるのか』?

************************************************************

関東や関西の友人とメールや電話をして、励まされることもありますが、あまりの温度差にがっかりすることもあります。

今の福島県民が抱える不安や恐怖・怒りなどの深刻さと、県外の人の所詮“対岸の火事”的なのんきさ。

報道も関東の視点でしかないし、原発の現場で命がけで戦ってくれてる人を勇敢だとか、物資も燃料も来なくて我慢するしか出来ない人達を慎ましいだと?

どれほど怖いことでしょう。どれほど耐えていることか。

それを美談で済ませる気ですか?

東京への電力供給の犠牲になった福島を見捨てる気でしょうか?

東電や国を責めてる時じゃないって人もいますが、福島県は日本全体からどんどん孤立して、祖末にされているように感じてるのは私だけなのでしょうか?

福島のみんなの心は、ものすごく傷ついているのに誰もそこに触れようとしない。

************************************************************

普通の福島県民の心の声を全国メディアで取り上げてもらえるよう、今がんばっています。

全国の大手新聞社4社と、テレビ局4社。雑誌の編集局にも電話しました。

反応はそれぞれで、親身に聞いてくださった所(テレビ朝日さんなど)もあれば、冷酷なところ(ちなみにフジテレビ)もありました。

ひとつ、人間味のある対応をしてくださったメディアがあり、記者さんに今度取材していただけるようにお願いしているところです。

必死に原発を守ってくださってる方々に手を合わせて祈ることしか出来ません。

原発以外でも、地震と津波の被災者の方のために、たくさんの方ががんばってくださっています。

他の被災県とは違う苦しみを背負った福島を、日本国民みんなに見放さないでほしい。

出来ることを少しでもしていきたいです。

« いかがお過ごしですか | トップページ | 声を上げよう!その2 »

コメント

すごい!先生。マスコミに電話して訴えるなんて・・・
早く、3週間前の福島県に、日常に、戻ってほしいと願う。


ありがとうshowちゃん!
この記事を書いていいのかずっと迷ってたから、早速コメントもらえてすごく嬉しい!

私の、みんなの、大切なふるさとを返してほしい。
大切な人たちにまた笑顔が戻るように、千里の道も一歩から。
門前払いみたいなとこもあるけど、がんばるよ。

showちゃんも身体に気をつけてね!

先が見えない毎日ですが、
私達のこの不安な気持ちが少しでも届きますように(ρ_;)
先生のメディアに働きかける姿、心から応援しています!
身体だけは無理せずに・・・

私も同感です!!

あと、先生の行動力凄いですね。


福島県の自治会館内にある対策本部前での東電の副社長が来た時に一人の記者からの質問で「福島県民を馬鹿にするのもいい加減にしてくださいよ!!」って言ってくれた記者さんがいました。

みんな凄く耐えていますよね。
福島県民は人が良すぎますよ!!って思ってます。もっと強く被害を訴えてもいいんじゃないかと思ってます。

これは人災なので…。


今日のニュースで福島から避難中の中学生の女の子が言ってました…福島で起こっている原発は東京で使っている電気の事なのでもっと関心を持ってほしいと…。

その通りだと思いました。
そういう事を言わなきゃいけない時なんじゃないかと思いました。

私もマスコミやそれから行政の方々へお願いしようと思います。それくらいしか思いつきませんが…。

先生すごいと思います!!応援しています!!

私も関西や関東のお友達や親戚から心配していただけるものの、温度差を感じつらくなってしまうこともありました。
どんどん震災や原発のテレビが減り、みんなに忘れられてしまうのかな…とも思っていました。

原発の刻々と変わる事態に、避難したほうがいいという意見、過度に心配しすぎなくていいという意見を聞くたび、一分一秒気持ちがぐらんぐらんする日々です…。

こんなことになるまでこんなに大きなリスクを背負って湯水のように電気を使えていたことを考えて事もなかったはずです。
そして東京の電力を作っているために大きなリスクを背負っているのは、福島の人だということ。
もっともっと関東の方に考えてほしいです!!

わたしはこどもを守りたいです。
こんな晴れた日、青空の下で遊ばせてあげられないなんて悲しいです…。

わたしも今原発で命がけで頑張ってくれているみなさんにお祈りします。

先生も無理しすぎず、お体大事にしてください。また会えるのを楽しみにしていますー(◎´∀`)ノ

こちらのブログを私のブログで紹介させていただいていいでしょうか?この内容をもっとたくさんの人に読んでもらいたい、、、。今、直面している事態はあってはならない大変なことだと思います。今すぐにでもこちらに避難してくださいと言いたいくらい。でも簡単なことでは決してないですよね。どうぞ、福島の声を聞かせてください。

「何事も起きていないよね?」と朝からテレビをつける日々が続いています。

香苗さんの感じている「温度差」、あたしも感じます。
でもね、それは仕方がないんじゃないかなあ、とも思っています。
今回あたしもほんの少しだけ避難所にいたけど、「ああ、テレビで見ていて分かった気になっていたけど、何も分かっていなかったなあ」とつくづく感じたから。自分が経験していないことを理解するのは、難しい。
だからこそ、香苗さんのように今の状況や心情を丁寧に描写していくことが大切になってくると思います。
対立する必要はないし、対立から生まれてくるものはあまりないかも、と感じているし。

それから、忘れないようにしなくちゃ、と気をつけているのは・・・
福島、日本に原発があることをあたしは知っていたのに、それについてきちんと考えたり、行動してこなかった。だから、あたしは完全な被害者ではなく、あたしにも責任がある、ということ。

「大丈夫」はもういい。
「最悪なパターン」を示してほしい。
そうならないためにすべきこと、できることを考えて行動するために。

ということを考えているこの頃です。
香苗さん、今度ばったりお会いしたら、お茶しましょうね。

ささきさん、コメントありがとうございます!

温度差は仕方のないことだけれど、それを伝えていくことが大切だと思っています。
経験してないからわからないことは確かに多いですが、それなら経験した人間はそれを表し、伝え、経験してない人間が痛みを間接的にでも感じ、理解しようとすることに意味があると。

戦争も原爆も私たちは経験していないけど、伝えることを諦めなかった人達のおかげで、その悲惨さや苦しみを知り、同じことが起きないように考えることが出来るのではないでしょうか。

例えば病気と闘ってる方も、孤独感はあると思います。
痛みを代わることは出来ないけど、精一杯の想像力でその人の気持ちに寄り添うことを私はしたいと思う。

それから、無知だったのは私も同じです。
それは決して私たちの責任ではないと思います。
原子力は国策であって、リスクは国民県民には隠されて推し進められたのだから。
私たちが考えないように情報を巧妙に隠ぺいし、原発のリスク、いや存在においてすら周知徹底を怠ったのは国と東電の責任です。
確かに、県や町の長である人間はもっともっとそれを鵜呑みにせず、万全に万全を重ねた対応をすべきだったと思います。

でも一般市民県民はそれに気づく機会すら、国に与えられずに来た訳です。
原発が福島だけに作られたなら疑問にも思うべきだったでしょうが、日本各地、いえ世界中に原発はあり、今回たまたま福島がそうなったというだけです。

福島の人間だけが自分を責める必要はまったくナシ!ですよ。

専門家も、原爆を推進するための専門家であって、国民を守るための情報を伝えて来なかった。

人間はすべてのスペシャリストにはなり得ない、それでいいと私は思います。
憲法の“国民の基本的人権を守る”という役割を果たせなかった国の責任です。

ただ、おっしゃる通りで、原子力の脅威・恐怖を間近に知った私たちだから、もはや無知ではいられないと気づいた私たちだからこそ、これから出来ることがありますよね。
経験した側の人間として、私は声を上げ続けていきたいです。

またささきさんと福島でお茶を飲める時が来ますように~!

ありがとうございます!
行動を起こしてくださって。
世論にマスコミに訴えていかなくちゃですよね。

温度差、これは当事者でないと分からないのですね。
でもこの問題は福島だけでなく、日本だけでなく、下手をすると世界の脅威ともなりえるんですよ。

事の重大性を共感できていないところに危機感を覚えます。

フジは冷たいです
支社も頭にくるくらい
メディアはどんどん通常放送に切り替わります
でも納得できませんよね

私たちがどれだけ不安に思っているか
関東の人は全然わかってません

水だって
東京のことばかり
情報がはいるのも東京が先なんて馬鹿げてます
東電は対策本部を福島にもってこい!明らかに安全なとこであぐらをかいてるなんて許せません!

でも何よりも…
私は避難所の方が心配です
取材で目の当たりにした現実は辛すぎるものでした
悔しすぎます
毎日悔しいです

おそらく原子力は長期戦になります
福島だけが未だに災害を受け続けている状況なのに
報道が減ればそれすら忘れられるのかと思うと

関東こそ
生活にかかせない電力を作り続けた福島の現状を真摯に受け止めてほしいですよ

この記事へのコメントは終了しました。

« いかがお過ごしですか | トップページ | 声を上げよう!その2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おいしい仲間たち

  • 小林まどか~オフィシャルブログ~
    友達のまどかちゃんは、ラジオ局のアナウンサー。 J-WAVEのJAM THE WORLDなど、東京で活躍する彼女のキラキラした毎日☆
  • Mika's Favorite
    プロ顔負け!お菓子からパン・料理とあれこれおいしいもの満載の生徒さんのブログ
  • deci dela
    生徒さんの、お花や暮らしのエッセンスの すてきな写真がいっぱい
  • TUF グーテン
    お菓子コーナーでお世話になっていた地元のテレビ番組です
  • LE TEMPS AGREABLE
    パリで暮らす大阪時代の後輩のフランス日記です
  • お菓子な時間
    広島で人気のお菓子教室をしている大阪時代の後輩のブログです