« 夕凪の街 桜の国 を観た日の夜 | トップページ | 8月のお菓子教室・体験の生徒さん募集します! »

夕凪の街 桜の国  

福島フォーラムで、映画を見てきました。Dscf1734_2

“夕凪の街 桜の国”

広島の原爆がテーマの映画です。

でもこのポスター(サウンドトラックの、しかも広告の写真ですが)の絵でわかるように、

原爆そのものの悲惨さを生々しく伝えたものではなく、

被爆者とその家族・取り巻く人たちのその後を、描いたものでした。

“夕凪の街”は、被爆から13年後が舞台。“桜の国”は2007年の現在。

戦争はよくない、原爆は恐ろしい。それはみんなが思っていることで当たり前のこと。

でも、ヒロシマもナガサキも、もう62年も前のことで、過去のこと。

夏の、8月以外、報道されることも意識することも少ない。

今はそうなってしまっています。私自身、そうです。

原爆というテーマを語るには私には何も知識がなく、広島や長崎出身でもない私がこの映画の感想を書くのは、

エセセンチメンタリズムやエセ正義感のような感じがして、ためらわれたのですが

やっぱり観た後も心にひっかかって消えないので、書いています。

戦争や原爆を体験された方々はいずれ、亡くなられてしまう。

経験してないことを、簡単に『わかる、わかる』と言うのは、はばかられるものです。

当事者でもないのに・・・と。

でも、いずれ時が経つと、体験者は誰もいなくなって、“かつて悲惨なことがあった”という認識だけになるのではないかと思うと、

その、対岸の火事、的な感覚が自分でも怖い。自分の国、いや世界全体の問題なのに。

原爆が投下されて戦争は終わったけど、被爆して生き残った方々の後遺症や、いつ発病するのか、いつ死ぬかわからない恐れや、遺伝はしないのかという不安や、

自分だけが生き残った罪悪感や、大切な人を失った心の傷は底なし沼のように、一見平和な現在、なんにも解決されてない。

この映画は原爆がテーマだから、興味ないから観ないなんて言わず、是非観てみてください。

平和な時代に生まれ、少なくとも今まで大きい病気や障害もなく、生きてこられた私でも、生きていれば、理不尽なことに『なぜ?』と思うことがいっぱいあります。

世の中は凶悪犯罪やいじめの報道が引きも切らず、その被害者のほうがなぜか傷を隠さねばならなかったり、自分を責めたり、追い込まれる。

映画の主人公・皆実が、好きな人に苦しみを話し、『生きとってくれてありがとうな』と言われるシーン。

みんな、つらさを言葉にすることで救われたり、でも言葉にするのもつら過ぎる苦しみを抱えて生きているのか、と思うと、胸がつまってしまいました。

麻生久美子の演技は素晴らしかったです。

« 夕凪の街 桜の国 を観た日の夜 | トップページ | 8月のお菓子教室・体験の生徒さん募集します! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕凪の街 桜の国 を観た日の夜 | トップページ | 8月のお菓子教室・体験の生徒さん募集します! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おいしい仲間たち

  • 小林まどか~オフィシャルブログ~
    友達のまどかちゃんは、ラジオ局のアナウンサー。 J-WAVEのJAM THE WORLDなど、東京で活躍する彼女のキラキラした毎日☆
  • Mika's Favorite
    プロ顔負け!お菓子からパン・料理とあれこれおいしいもの満載の生徒さんのブログ
  • deci dela
    生徒さんの、お花や暮らしのエッセンスの すてきな写真がいっぱい
  • TUF グーテン
    お菓子コーナーでお世話になっていた地元のテレビ番組です
  • LE TEMPS AGREABLE
    パリで暮らす大阪時代の後輩のフランス日記です
  • お菓子な時間
    広島で人気のお菓子教室をしている大阪時代の後輩のブログです