« バンビ~ノ!ドルチェ編 | トップページ | 6月のお菓子教室体験の生徒さん募集は、締め切りました »

今日のグーテンは、チェリーのサワータルト♪

Dscf1496_2                   

今が旬のアメリカンチェリーを使って、今日はお家芸(!?表現古い^^;)のタルトを作りました。

こういうタルトが好きです。シンプルな。

シュクレ生地(クッキー生地)のタルトに、サワークリームのソースを流し、

チェリーをシロップ煮にしたものをポンポンと入れて、柔らかく焼き上げます。

それぞれは難しくはないのですが、行程が多いので、

7~8分の放送の枠に収まるよう、入念な(自分で言っちゃってます)段取りでのぞみました!

詳しいレシピはコチラ(放送内容→6月8日)をご覧くださいね。

(とても丁寧な作り方をADさんが書いてくださっています。

今日はどなただったんだろう・・・ありがとうございます!)

フランス菓子でいうと、フランやクラフティーと呼ばれるタイプのタルトで、

パリではパン屋さんなどでも、気軽に売られていました。

初めてパリに行った時、駅の中の、フランスパンのサンドイッチやキッシュなどを売っている、ごくごく普通のスタンドのお店で、フランを買いました。

話に聞いてた通り、粉が多めで、ぶりぶりでした。

ぶりぶり、というのはゼラチンなどが多めの時も使う表現ですが、弾力があって硬い、って感じです。

憧れのフランは何せぶりぶりでしたが(笑)、『やっぱり、これが本場!?』ってやけに嬉しかったものです。

これは、むか~し東京の店で習ったサワークリームのアパレイユがとても口当たりがよくなめらかで、

チェリーの甘ずっぱさがよく合って、サワー・・・とついてはいますが、酸味は柔らかく、優しい味です。

書いてるうちに、ほんとにこういうタルトはいいな。と思ってしまいます。

ヨーロッパのお菓子に憧れた頃の、私が高校生の頃の福島には決してなかったお菓子。

原点回帰、みたいな穏やかな気持ちになりますね^^

« バンビ~ノ!ドルチェ編 | トップページ | 6月のお菓子教室体験の生徒さん募集は、締め切りました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バンビ~ノ!ドルチェ編 | トップページ | 6月のお菓子教室体験の生徒さん募集は、締め切りました »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おいしい仲間たち

  • 小林まどか~オフィシャルブログ~
    友達のまどかちゃんは、ラジオ局のアナウンサー。 J-WAVEのJAM THE WORLDなど、東京で活躍する彼女のキラキラした毎日☆
  • Mika's Favorite
    プロ顔負け!お菓子からパン・料理とあれこれおいしいもの満載の生徒さんのブログ
  • deci dela
    生徒さんの、お花や暮らしのエッセンスの すてきな写真がいっぱい
  • TUF グーテン
    お菓子コーナーでお世話になっていた地元のテレビ番組です
  • LE TEMPS AGREABLE
    パリで暮らす大阪時代の後輩のフランス日記です
  • お菓子な時間
    広島で人気のお菓子教室をしている大阪時代の後輩のブログです