« 北海道旅行その3 | トップページ | 北海道旅行その5・最終話 »

北海道旅行その4

あじとさんの2階の、和室の畳とちゃぶ台のような所でいただいたお昼ごはん。

Dscf0462 日本料理屋さんの、というのではなく、家庭的な優しい味。

どれも熱々で、豚肉のカリカリ揚げ、香ばしくておいしかったです♪

一階が椅子とテーブルなので、せっかくだから場所を変えて、キャラメルラテなどでティータイム。

ほんとは、きなこミルクをオーダーしたんですが、残念ながらオーダーストップ。。。

でもね、そこでのスタッフの方のセリフがよかった!

「すみません~じつは今きなこが家出中で・・・捜索願いは出してるんですが~」 ですって^^

まぁ、出てくるのが遅い時、「今、漁に出てるんじゃない!?(耕してるんじゃない、とかね)」なんて言ったりしますよね。

かわいいじゃないですか~ 

他にもお茶目な受け答えをしていただいて、私とKちゃんは

「サービス業って、芝居っ気みたいな、サービス精神が大事だよね~」と感心しちゃいました。

常々、マニュアル通りの接客はしたくないな。

マニュアルは最低限必要だけど、その人その人の言葉があるはず。

タルデリスタッフにも、機械的な言葉や表情はダメだよ、といつも言っています。

型通りの言葉は簡単だけど、心がこもらないから。

のんびりくつろいで過ごして、帰りにまた違うスタッフさんとお話してたら、

その方は“あじと”さんのなかで、“かけ箸”というお箸屋さんを受け持ってらっしゃるんだそうです。

お店の中の一角がお箸屋さんで、車であちこち販売にも行かれるとのこと。

お店のオーナーさんは別にいらっしゃって、店長さんはすごく可愛い女の子でした!

みなさんが、自分たちが店を作ってるんだ、という感じがしました。

私がケーキ屋をやってる話をしたら、“かけ箸”のフジさんは、

「うちのオーナーは自由にやらせてくれるんですが、僕たちが楽しくなさそうな顔や、苦しそうな顔をしていると怒るんですよ。」

と。

フジさんも店長さんも、それぞれの役割をこなしながら、みんなでお店を愛してる気持ちが伝わってきましたね~

Dscf0475 大正12年築の古い民家を、みなさんで手入れなさって雰囲気のある店作り。

建物の佇まいもさることながら、中で働くスタッフの方たちも素敵でした。

フジさん、いいお話聞かせてくださって、ありがとうございました!

嬉しい出逢いに感謝です~~♪

12月になんと引越しなさるということですが、

“あじとスピリッツ”はどこに行っても健在でしょうね。

*あじとさんのホームページ  もくサイト*http://www.moku.jp/pc/index.html

さて次は札幌を後にして、Kちゃんの弟さんの車で苫小牧のホテルへ。

その5・最終話に続きます。。。長くてすみません^^;

« 北海道旅行その3 | トップページ | 北海道旅行その5・最終話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道旅行その3 | トップページ | 北海道旅行その5・最終話 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おいしい仲間たち

  • 小林まどか~オフィシャルブログ~
    友達のまどかちゃんは、ラジオ局のアナウンサー。 J-WAVEのJAM THE WORLDなど、東京で活躍する彼女のキラキラした毎日☆
  • Mika's Favorite
    プロ顔負け!お菓子からパン・料理とあれこれおいしいもの満載の生徒さんのブログ
  • deci dela
    生徒さんの、お花や暮らしのエッセンスの すてきな写真がいっぱい
  • TUF グーテン
    お菓子コーナーでお世話になっていた地元のテレビ番組です
  • LE TEMPS AGREABLE
    パリで暮らす大阪時代の後輩のフランス日記です
  • お菓子な時間
    広島で人気のお菓子教室をしている大阪時代の後輩のブログです