« 北海道旅行その4 | トップページ | 今日のグーテンは、きなことごまの和風クッキー♪ »

北海道旅行その5・最終話

Dscf0499_4 この素晴らしい景色!!!

私たちが泊まったホテル・ニドムの部屋のテラスからの眺めです。

前日の夜に着いたので、真っ暗で景色は全然わかりませんでした。

朝起きて、窓を開けたときのこの美しさと言ったら・・・!!!

朝のすがすがしい空気と、柔らかい色づきの紅葉を映す穏やかな湖。

写真では撮り切れない、美しい眺めでした。。。

ホテルは北海道でも有名なリゾートホテル。

広大な敷地にコテージが何軒か建った造りで、コテージは2階建てで、フィンランド産パイン材の木のいい香り。

二人で泊まるには広過ぎる!!

夜は本館のレストランでフレンチをいただいた後に、 Dscf0479_1

コテージの、薪のストーブを焚いた暖かい部屋でKちゃんと積もる話に花を咲かせました。

朝ご飯は部屋で和食。

Dscf0489 朝から大好きな帆立のお刺身が♪

贅沢~~~

おいしゅうございました♪

残念だったのは、ホテルの空港までのバスの発車がチェックアウト前の時間で、一本しかなかったことです・・・

朝ご飯をいただいてから、ホテル内の湖を散策したり、お茶を飲んだりする時間がなかったのが心残り(涙)

ホテル・ニドムさん、是非バスの増設をご検討くださいませ~

まぁ、私たちが早起きすればよかったんですけどね・・・ぅぅ

「1泊じゃもったいなかったねぇ~ここでもう1泊出来たら最高にゆっくり出来たねぇ~」

とKちゃん。

ほんとに~~!素晴らしいロケーション。手入れもあってのことでしょうね。

kちゃんとの再会に、自分へのご褒美に、思い切って贅沢いたしました。奮発いたしました!

がんばって働かなきゃです^^;

*ホテル・ニドム*http://www.ikyu.com/datas/00000140x.htm

新千歳空港は、ものすごい人と活気。

こんなに旅してる人っているんだ・・・と驚くほどでした。

おみやげをまず買って、やっと登場のスウィーツ☆何とか牧場のソフトクリーム+ミルクプリン(すごくミルキーでおいしかった!)を食べながら、

Kちゃんとは話しっぱなし。2日じゃ全然足りなかったね・・・

会わない間の10何年間、お互い本当に語りつくせない、様々なことがあり・・・

初めて大阪で会った時、私とkちゃんは18歳でした。

搭乗ゲートで、またハグしてくれたkちゃん。(ここが日本人だったらやらないところですが)

二人とも泣いてしまいました。

今度はいつ会えるでしょうね。

楽しいことばかりならいいけれど、生きていればまたいろんな試練があることでしょう。

それぞれの日常に戻り、それぞれの人生を一生懸命生きるしかありません。

それが彼女いわく、“journey”なのだと。

“Life goes on”  人生は続いていくのですから!

また会えて本当によかったよ、Kちゃん!

初日に案内してくださったMさん夫妻もそうですが、

なかなか会えないとしても、人を思う優しい気持ちはどこにいてもつながっているんだ

何年経っても消えないものなんだ

としみじみ思えた、少し切なくなるような旅でした。

ちょっとセンチメンタルでしょうか?

まっ、秋の旅ですもの。

無事帰って来れて、楽しい時間が過ごせて、いい思い出が出来て。。。

たくさんの優しい人たちのおかげです。

休みを取らせてくれたスタッフにも心から感謝です。

みなさん、ほんとうにありがとうございました~!!!

« 北海道旅行その4 | トップページ | 今日のグーテンは、きなことごまの和風クッキー♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
読ませてもらいました。
素敵な旅行でしたね。そして素敵な出会い。
うらやましい。

ところでニドム、素敵なところですよね。
私も1度だけ泊まったことがあります。
昔、芸能人が数組結婚式を挙げたり~したり
(誰だったか忘れたけど)
でも確かに夜は真っ暗で何も見えないですよね。

小樽で寿司、札幌ビール園といいですねぇ
私の実家から小樽まで車で40分、
ビール園は車で20分ちょっとですが
札幌にいてもなかなか行かないもので
おいしそう~
話を聞いていると年末に帰省するのが待ち遠しい。

カフェ「あじと」さんって素敵なところですね。
私も行きたくなりましたので
すぐHPチェックしてしまいました。

なかなかお会いできないですが
旦那が数回お店でタルトを買ってきてくれたので
おいしくいただきました。

kanaeさんこんにちは!
すごく素敵な旅行をされたのですね~♪
旅行記楽しく読ませていただきました。
いろいろな出会いがあって、ほんと旅っていいですねぇ(´▽`)
お仕事がんばっている人へのご褒美ですねきっと!

ところで以前の書き込みの、
「さつまいものメープル風味パウンド」を作った方からのを読みまして、
とても美味しくて簡単との事でしたので、私も作ってみました!
ほんとうに美味しかったです~家族にも大好評でした♪
しばらくはこれでおもてなししようと思います。
ありがとうございました!
私のブログにも載せてみました~でも写真失敗しました(^^;;

yokoさん、北海道ですもんね いいなぁ~
ご実家って小樽にも札幌にも近いんですね。
ゼヒあちこちお出かけになってみてください♪
確かに灯台下暗し。。。というか地元こそ観光ってしないものですよね~

ニドム、泊まられたんですね!
結婚式すごく多いんですってね、そっかぁ芸能人も挙げてるんだ~納得しちゃいますよ~

yokoさんのだんな様・・・わぁ~ほんと気づかなくてすみません ・・;
でもいつもありがとうございます♪

まみぃさん、ほんと旅っていいですね。
後からもあったかい思い出がじわじわ来ますよ~

さつまいものメープルシロップのケーキ作ってくださったんですね!
ありがとうございます
嬉しいです♪
ブログも拝見しました~
おいしいものお好きなんだなぁって、ほのぼのするブログですね^^


ニドム、地元でも極めて評価の高いホテルです。かのレナード・バーンスタイン(札幌で夏に行われているパシフィック・ミュージック・フェスティバルの生みの親)が投宿し、最大級の賛辞を贈った、とされています。
この近くにウトナイ湖の源流域があって、覚えたてのカヌーのトレーニングをしました。
「あじと」。どこかで聞いたことが、と思ったら、これは今住んでいる所から歩いていける距離。うっそうとした(あまり手入れされていないようにも見える)植え込みの奥。60年代、70年代のカウンターカルチャーを感じさせる“怪しい”(褒めているつもり)雰囲気の店と思っていましたが、ここを見つけたお友達?は実にアンテナ感度が高い方ですね。                        
札幌ビール園も背後に大型店が出来るまでは、開拓当時を思わせる風情があふれていて、好きな場所でしたが、今は魅力半減。でも、ジンギスカンはおいしかったでしょう。職場の飲み会で2度、それからご存知「福島M友」の方々が来札の際に、ご一緒して、お仕着せ定番コースではありますが、入門編としてはマストです。
初めて訊ねる場所は、旅の組み立てが難しいものですが、コンダクターの方にも恵まれ、とてもいい旅だったことが伝わってきます。
一声かけていただければ、とは思いましたが、これだけ盛りだくさんだと、割り込む隙間がありませんでしたね。
スイーツということで言うと、中島公園近くにあるフランス料理「バトー・ラヴォワール」にご案内したかったです。ここでは、ワインとそれに合うオードブルをいただく程度の、不良客なのですが、ある時、パーティのためのムッシュ早川の仕事に触れ、小さな厨房から生まれるデザートに目を見張ってしまいました。
夜景の藻岩山。ここの市民スキー場でよく滑りました。それから、ふもとにある斉藤珈琲は長年の友人。自家焙煎の挽き売り専門ですが、全国宅配していて、福島近辺だと、黒磯のカフェ「SHOZO」、それから鎌倉のカフェ「ビブモン・ディモンシュ」で斉藤さんの豆を使っています。
店を空けてあちこち旅行、というわけにはいかないでしょうから、折に触れて札幌情報をお伝えします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道旅行その4 | トップページ | 今日のグーテンは、きなことごまの和風クッキー♪ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おいしい仲間たち

  • 小林まどか~オフィシャルブログ~
    友達のまどかちゃんは、ラジオ局のアナウンサー。 J-WAVEのJAM THE WORLDなど、東京で活躍する彼女のキラキラした毎日☆
  • Mika's Favorite
    プロ顔負け!お菓子からパン・料理とあれこれおいしいもの満載の生徒さんのブログ
  • deci dela
    生徒さんの、お花や暮らしのエッセンスの すてきな写真がいっぱい
  • TUF グーテン
    お菓子コーナーでお世話になっていた地元のテレビ番組です
  • LE TEMPS AGREABLE
    パリで暮らす大阪時代の後輩のフランス日記です
  • お菓子な時間
    広島で人気のお菓子教室をしている大阪時代の後輩のブログです